指値注文

指値注文説明図

指値注文はリミットオーダーとも呼ばれ、成行注文では「今この値段で買いたい」
「今この値段で売りたい」だったのに対し、「今はまだ高いのでこの値段まで安くなったら買おう」だとか、たとえば買いポジションを持っている場合などは「この値段ではまだ利益確定売りをしたくない、もっと高い値段になったら売ろう」などと考えているときに使える注文です。

また、成行注文と違って自分の希望する価格までパソコンの前でモニターとにらめっこしている必要が無いので、指値注文は相場を見続ける時間のないサラリーマン等にはおすすめの注文方法です。

指値注文の注意点

為替取引では誰でも「安く買って高く売りたい」「高い値段で売りから入って安く買い戻したい」と考えるのは当然です。

レンジ相場などで重要な高値安値のポイントや抵抗線などがある場合は、指値注文は有効な注文方法の一つです。

しかし、下がっている最中または上がっている最中に注文が約定するということは、下落トレンドや上昇トレンドに逆らったポジションを持ってしまう可能性もあるのです。

また、あと一歩の所で買い注文の指値が届かず相場が反転してしまい悔しい思いをしたり、利食いの売り注文に届かずタイミングを逃してしまうことがありますので、他の注文方法と組み合わせて使うことが有効です。

外為会社を人気で選ぶ

外為オンライン

人気爆裂!25万口座突破!
手数料無料・ドル/円スプレッド1銭固定
iPhoneツールが遂に登場!

マネーパートナーズ

レートは100%成立
取引のしやすさ、情報量は業界トップクラス
家電プレゼントキャンペーン実施中!