OCO注文

OCO注文は「One Cancel the Other」を略したもので、2つの注文を出しておいてどちらか片方(One)が約定すればもう片方(the other)の注文はキャンセルするという注文方法です。

OCO注文の使い方

例えばドル円相場が80円から81円で一定のレンジ相場を形成している場合、
80円近辺では買いから入りたいし、81円の近くでは売りから入りたい、
と考えるのではないでしょうか。

このようなときにOCO注文は同時に2つの注文を入れることができるので便利です。
この注文方法は指値にも逆指値にも対応していますので、

「下がってきた場合は下で指値で買いたいが、
逆に上値をブレイクした場合は逆指値で追っかけて買いたい」

などという戦略にもこたえてくれる非常に便利な注文方法なのです。

利益確定にも使える

すでに持っているポジションの決済方法としてもOCO注文は使えます。
例えば、78円でドルを買って現在80円で2円幅の利益が乗っているとします。

OCO注文の説明図

「今この2円幅分の利益を確定することはできるが、できればもう少し高い値段で売りたい。
しかし、80円からズルズル値段を下げてせっかくの利益を吹き飛ばしたくない。」
と悩んだ経験はないでしょうか?

このようなときは80円の上の希望価格に指値注文、
80円の下に逆指値注文を置くことによって利益を伸ばしつつ、
同時に利益を守ることができるのです。

成り行きOCO機能で選ぶFX業者

IGマーケッツ証券
FX

旧FX Online Japanの進化版
ポンドドル2pipsはスキャルピング派に朗報
約定率が高いこともデイトレード向きです

FXCM

旧フォーランドオンラインの進化版
戦略記憶ボードはデイトレードの強い味方
世界が認める取引ツール『Trading Stasion』