IFD注文

IFD注文はイフダン注文とも呼ばれ、「If Done Order」つまり、もし注文が成立したら~という意味で、買いと売りまたは売りと買いの新規注文と決済注文を同時に出す注文方法です。また先に出した注文が成立しない限り2つめの注文は有効とはなりません。

IFD注文の使い方

例えば、ドルを80円で指値で買う注文を出しているとします。

IFD注文の説明図

仮にその注文が約定して首尾よく81円に上昇し含み益になったとしても、もし何らかの事情で場を見ていることが出来ずにせっかくの利益確定のタイミングを逃してしまったなどという経験をしたことはないでしょうか。

IFD注文をつかえば指値で買う注文と、利益確定の注文を同時に出すことができますので、80円の買い注文と81円の売り注文を同時に出しておくことにより、利益確定で終えることができるのです。

ロスカットにも使える

また、IFD注文は損切り(ロスカット)にもつかえます。例えば、80円で指値でドルを買って79円でロスカットの逆指値注文を出すのです。

そうすることによって、ポジションを持った後にもし急激な変動が起こってもリスクを抑えて大きな損失を被ることを防ぐことができます。

こうしてみると、IFD注文は忙しいサラリーマンなどのようにパソコンのモニターを常にチェックし続けていられない人にとっては大変便利な注文方法です。

システムの使いやすさで選ぶ外為業者

マネックスFX

東証1部上場企業グループ
投資スタイルに合わせた4つのプラン
安心のセキュリティ対策と監視体制の取引システム
証拠金は安心の100%信託保全

サイバーエージェントFX

超人気!モバイルツールcymo
iPhone・Android・WindowsPhone・Mobile
など、使いやすいトレードツールが充実!
自動売買システムMT4も完備